So-net無料ブログ作成
アニメ ブログトップ
前の1件 | -

グレートマジンガー愛 16話(後編)立て!!ミケーネの若きプリンス!! [アニメ]

ようこそです。 


グレートマジンガーはマジンガーZの続編として

1974~1975年に放映された

永井豪とダイナミックプロ原作

東映動画製作の巨大ロボットアニメーションです。 

202_02.jpg

 16話の後編、ミケーネの王子だった戦闘獣ケルビニウスは

ジュンのビューナスAを見て驚く。

「あなたは美しい人だ・・・」

b261_01.JPG

「何をしに来たの!?」

b261_02.JPG

 
「グレートマジンガーと戦いに来たんだ。
どこにいる、教えてくれ!」

b261_05.JPG
 
 「変わった戦闘獣ね。何もグレートマジンガーでなくても
ビューナスが相手になってあげるわ」
 
b261_04.JPG
 
「やい、コンニャロメ!!」
 
b261_03.JPG
 
「さあ!勝負しなさい!!」
 
b261_06.JPG
 
科学要塞研究所はバリアーをはり
敵の要塞ミケロスに対抗する。
 
b261_07.JPG
 
 
b261_08x.JPG
 
ビューナスAとボスボロットはケルビニウスにやられてしまう 
 
b261_09.JPG
 
 やっとミケロスから逃げおおせた鉄也がグレートで参戦。
「やさしい顔をしてるわりには残酷なことをしてくれるな!」
 
 
b261_10.JPG
 
 「ミケーネの再興をかけて勝負だ!!」
 
b261_11.JPG
 
空中戦で互角に渡り合う両者。
 
b261_12.JPG
 
  「きさま、戦闘獣にしておくにはもったいないヤツだな」
 
b261_13.JPG
  
 「私はミケーネの王子だ、甘くみるな!」
 
b261_14.JPG
 
優位に立つグレートはとどめをさそうとする。 
 「ネーブル・・・」
 
b261_15.JPG
 
 「待って!!」
 
b261_16.JPG
 
 「ど、どうしたんだ、ジュン!!」
  
b261_17.JPG
 
 「この戦闘獣には何かわけがありそうだわ」
「わけ?」
「そうよ、とにかく話をきいてやって!」
 
  
b261_18.JPG
 
 「くそっ、残念だ。こうなった以上一刻も早く殺してくれ!!」
 
 
b261_19.JPG
  
 「ケルビニウス、貴様の体には自爆装置が仕掛けてある。
早くグレートマジンガーに抱きつくんだ!!」
 
b261_20.JPG
 
  「もはやミケーネの再興は不可能だ。
あの平和はかえってこない・・・」
 
 
b261_24.JPG
 
 王子の胸に華やかな宴の様子がよみがえる。
 
 
b261_21.JPG
 
b261_22.jpg
 
 「王子様、バンザイ!!」
「王子様ー!!」
 
 
b261_23.JPG
 
  「暗黒大将軍にとらえられ戦闘獣にされてしまったミケーネ人
私の力の無さを恨んでくれ・・・
もはや栄光の日々は過去になってしまった。
さあ殺してくれ、グレートマジンガー!!」
 
b261_26.JPG
 
  「くっ、きさまァ・・・!!」
 
b261_27.JPG
  
 「待って!!」
 
b261_28.JPG
 
  「甘ったれるのもいいかげんにしろ!!」
 
b261_29.JPG
 
「何!?」
 
b261_30.JPG
 
「きさま戦う相手を間違えたようだな!
ミケーネを再興するならどうして暗黒大将軍と戦わねえんだ!!
おれと戦ったってどうにもならねえじゃねえか!!」
 
b261_31.JPG
 
 
「グレートマジンガー!私はきさまを倒し
ミケーネを闇の帝王から返してもらうことに
なっていたのだ」
 
b261_32.JPG
 
 「ハハハ、きさまはやつらに利用されたんだ。
それに気づかないようじゃ
所詮世間知らずのプリンスだ、
甘かったぜ!!」
 
二人のやりとりを聞き研究所も驚きを隠せない。
 
 
b261_33.JPG
  
「そうだ、鉄也お兄ちゃんはあの島を離れ
過去のことを捨てて立ちなおったって言ったんだ。
ボクも強くなるために甲児兄ちゃんのことなんか
考えてられないや!」
シローの決意に実父の兜剣造もうなずく。
 
b261_34.JPG
 
「ケルビニウス、覚悟はいいな。
ミケーネス、おまえたちの王子だ。
おまえたちの手で殺してやれ!!」
 
b261_35.JPG
 
ユリシーザーの言葉にためらう戦闘員ミケーネス
  
b261_36.JPG
 
 
b261_37.JPG
 
「グレートマジンガー、さらばだ!!」
ミケロスに向かって片方の翼で飛び立つケルビニウス
 
b261_38.JPG
 
 
「待て!!」
「追うのはやめて!!
あんなに弱ってるのよ、もう戦えないわ」
 
b261_39.JPG
   
 
王子の脳裏に再び幸せな日々がよぎる
 
b261_40.JPG
  
b261_41.JPG
 
b261_42.JPG
 
b261_43.JPG
 
ケルビニウスはミケロスに突っ込んで自爆した
 
b261_44.JPG
 
 「うわっ!!」 
 
b261_45.JPG
 
「戦闘獣!ああっ!!」
 
b261_46.JPG
 
「くそお、引きあげだ!!」
 
b261_47.JPG
 
b261_48.JPG
 
b261_49.JPG
 
グレートマジンガーの手に形見の羽が落ちてくる。
 
b261_50.JPG
 
b261_51.JPG
 
b261_52.JPG
 
 
b261_53.JPG
   
「今度はきっとあの天国へ
自由と平和の楽しい楽園を作るでしょう・・・」
 
b261_54.JPG
 
b261_55.JPG
 
 孤島での訓練を受けグレートマジンガーで戦う鉄也と
暗黒大将軍に改造されたミケーネの王子。
それぞれの過去を背負った2つの人生が戦闘の場で交錯する。
そして鉄也の人生に重ねて自分を見つめ直すシロー。
 
あまり目立たない本作ですが
敵を倒すだけでなく自分は何のために戦うのかという
テーマがグレートマジンガーには繰り返し
形を変えて語られています。
52話の暴走族の若者
何のために戦うとは言い換えれば
何のために生きるのかともいえます。
見た後でこれはロボットアニメだろうかと
考えさせられる一篇。
グレートマジンガーならではの
見応えある人間ドラマの作品です。
 
(脚本:藤川桂介 演出:大谷恒清 作画監督:鹿島恒保)
   
 
また次回[ー(長音記号1)]

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:アニメ
前の1件 | - アニメ ブログトップ
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013