SSブログ
ドラマ ブログトップ

ドラマ「時代屋の女房」 [ドラマ]

ようこそです。 


先日BS日テレで再放映されていたTVドラマ「時代屋の女房」(2006)

往年の小説や映画が有名ですが

渡瀬恒彦、大塚寧々のコンビのドラマは

さわやかな後味の佳作です[ぴかぴか(新しい)]


image_01.jpeg
 
b282_01.jpg
 

大井町の小さな骨董店「時代屋」に
夏の盛りに白いパラソルをさした若い女性がふらりとやってきた。
 
b282_02.jpg
 
捨て猫と屋根裏にあがりこみ
店の主人、独り者の安さんが
もうすぐ区画整理で店がなくなると言ったら突然涙をこぼし
「あたし・・・あなたの女房になる・・・ダメ?」
 
 b282_03.jpg
 
安さんの周りには気のいい下町の仲間が集まり
馴染みの喫茶店や居酒屋で楽しくすごす毎日。
しかし女房の真弓は謎だらけ・・・
時々一週間ほど姿をくらましては
また帰ってくることを繰り返していた。
ある日ダムに沈んだ村の写真のテレフォンカードに
異常な反応をする。

  b282_06.jpg
 
貴重なテレフォンカードは高く売れるというくだりは
平成初期の時代を感じますね^^;
泉谷しげる演じる喫茶店のマスターが
若い愛人のガラケーメールに反応するシーンもありました。
 
b282_04.jpg
 
安さんと真弓は雪の降りしきる季節
地方へ骨董品を売りに旅をする。
「あたしたちってやさしいのかしら、残酷なのかしら
死にかけた物を無理矢理生き返らせて
使えるようにするなんて・・・」
原作や映画でも使われた名台詞です。
 
b282_05.jpg
 
 
籍を入れようとうながす安さんに取り合わず
自分のことを語りたがらない真弓。
「君のふるさと、どこ?」
「あたしのふるさと・・・ほんとに無いの」
 
 
再び出て行った真弓が戻ってきたのは
謎の女性が酔った勢いで時代屋に上がり込んできた時だった。
女性が退散すると真弓は安さんに
自分は結婚歴があり子供もいると打ち明ける。
時々失踪したのは息子に会いに行くためだった。
 
 
b282_07.jpg
 
真弓の故郷はやはりテレフォンカードのダムに沈んだ村だった。
安さんと真弓は信州の小学生の息子のところへ行く。
遠目に見守るしかない息子を見て真弓は何度もつぶやく
「あの子、今幸せなんだ・・・」
「答え出して来いよ、
オレどんな答えでも受け止めるから・・・」
 
b282_08.jpg
 
そう言うと安さんは一足先に信州を後にした。
 
b282_12.jpg 
 
「バス停はどこですか?」
意を決して息子に話しかける真弓の手を取って
「こっち!!」
ほんのわずかな時を、山々を背に走る親子の姿が切ない。
 
 
 b282_10.jpg
 
b282_09.jpg
 
 b282_11.jpg
 
地元に戻った安さんは仲間と楽しい酒の席をすごしていた
 
 
b282_13.jpg
 
しかし「時代屋」に帰ると
窓ごしに降り出した雪をみつめ
骨董品のなみだ壺を目にあて涙をしぼりだそうとする。
 
b282_14.jpg
 
 
歩道橋の上に見慣れた姿が現れる。
すかさずなみだ壺を持ったまま店を飛び出した安さん!
 
b282_15.jpg
 
 
「お客さん、これただのガラスの壺です
こん中には幸せも不幸せも何にも入らない、
何にも出て来ません
こうやってのぞいても見えるのは
過去でも未来でもなく今だけです」
 
「ただいま!!」
 
b282_16.jpg
 
 
「お帰り!!」
 
b282_17.jpg
 
b282_18.jpg
 
広瀬香美の歌う「GIFT」が胸を打ちます♪
 
b282_19.jpg
 
写真の大事な小道具のなみだ壺は
昔イランかトルコで戦場に行った夫を思い
妻が流した涙をためていたという一品
 

 
 夏目雅子主演の映画「時代屋の女房」(1983)
安さんは同じ渡瀬恒彦でした。
夏目雅子は主人公真弓と地方出の謎の女のダブルキャスト
最盛期の魅力全開と評価も高いですが
自分的にはややアクが強く苦手な部分も^^;
こちらのブログ記事の解説が秀逸です。
村松友視の原作記事もあります。
 
image_02.jpeg
 
真弓がパラソルをくるくる回して現れるシーンは
「ライアンの娘」(1970)の演出を思わせました。
 
ryansdaughter.jpg
 
オードリー・ヘップバーン主演の映画
「ティファニーで朝食を」(1962)
男のもとにふらっと現れる過去を抱えた女性の物語。
捨て猫を拾うエピソードなど
「時代屋の女房」との類似点を感じます。
こちらはいずれの機会に。
 
image_03.jpeg
 
また次回[ー(長音記号1)]



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
ドラマ ブログトップ
   ホームページはこちら [バッド(下向き矢印)]
Lee_HP_blog02.jpg

移りゆく事どもをフォト&コミックでつづる☆Since 2013